どう伝えたらいいの?どう聴いたらいいの?

どっち?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

言葉と文字は笑顔の源!
産業心理カウンセラーの岡部あゆみです

これを見て笑ってしまった

これはカップラーメンだが
普段の指示でも
指示された方が「ん?どっち?」と思うことがないだろうか?

例えば

「お客様とは、話題作りのために雑談をした方がいいですよ」と
言われたとする

雑談をしていると
「その話は噂話になるのでしない方がいいですよ」と言われる

伝えた方は【内容を考えて話してね】と伝えたかったのだが
言われた方は、雑談をしないほうがいいと
今度は黙ってしまう

伝わっていないなと思う時

【○○しないで】と伝えるよりも
【天気とかニュースの話題を話しかけるといいよ】と
話題を限定してあげた方がわかりやすいかもしれません

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 伝え上手・聴き上手になる , 2021 All Rights Reserved.