働きやすいチームワーク作りのお手伝いをいたします

*

このHPをご覧いただきありがとうございます。
皆様とのご縁に感謝いたします。

「先生は、なにでご飯をたべているの?」

私は産業心理カウンセラーと書道家の肩書を持っていますが
書道教室の子ども達にたまにこう質問されます(笑)

産業心理カウンセラーとして何をしているか?

私がしていることはこの2つです

1.部下の個性を活かしたい~リーダーのためのラインケア研修
2.ストレスには必ず出口がある~社員のためのセルフケア研修

産業心理カウンセラーは人と人との橋渡しの役割だと思っています

働きやすい職場環境づくりのお手伝いをしたい
そう思ったのには私が17年間運営していた公文の教室に原点がありました
公文は年齢・学年に関係なく1つの空間で
それぞれが自分の課題に取り組みます
中には3歳から18歳までずっと見ていた子もいます

そういう子たちが教室を巣立ち
大人になり社会人になり、自分の道を歩いて行きます

中には人間関係に悩んでいる子もいました
相談を受けているうちに私は思いました

働きやすい職場のために私が何か出来ることはないだろうか?

そこで産業心理カウンセラーにたどり着きました

職場の離職理由第一位は、人間関係です
人間関係を良くしていくにはどうしたらいいか?
それは認める、見守る、見いだすの3つのMです
お互いの良いところを認めあい
成長を見守り
良いところを見つける

私は、人と人との橋渡し・・イケてる第三者の立場で客観的に判断して
アドバイスしていく

それを常に心がけています

 

自分の居場所がないと思う時がありますよね

私は、自分の居場所って、
自分を認めてくれる人のいるところではないかと思うのです。

なぜ私は産業心理カウンセラーとなったのか

私は17年間公文の先生をしていました

学年に関係なく一緒に学ぶ教室の空間は
社会の縮図でした

その中でたくさんの子ども達を見てきました

その時に思ったんです

この子たちはいずれ社会に巣立っていく
人生は社会人になってからが長い

この子たちにとって働きやすい職場や社会になってほしい

そのために何か役に立てることはないかと

そう思っていた時にこのような出来事がありました

教室のスタッフは開設当初からくれてい私が教室を辞めるまでの17年間ずっと継続して働いてくれていた人ばかりです

その話に興味を持った保育園の園長さんが、
教室見学に来てくださいました
そして私に保育士研修のご依頼をいただきました

その後、その話を聴いた会社の社長さんから
社員研修のご依頼をいただきました

こうしてどんどん繋がっていきました

この出来事が私に気付かせてくれました

私の強みは傾聴力とコミュニケーション力だと

コミュニケーションは
認めて・見守り・見いだして! 3つのMで良くなります

人を育てていくことで会社の成長に繋がっていきます

これから少しでも会社のお役にたてたら嬉しいです

 

 

Copyright© 産業心理カウンセラー , 2019 All Rights Reserved.