明るい夢のある未来へ

*

このHPをご覧いただきありがとうございます。
皆様とのご縁に感謝いたします。

岡部さんは何をしている人ですか?

コミュニケーションカウンセラーの名刺を見ると真っ先に聞かれる言葉です

私は「生きづらさを軽減するお手伝いをさせていただいています」とお応えしています

職場での会社の離職理由の第一位は
人間関係です。

職場のみならず、学校でも家庭でもそうです

家族といっても一人一人違う人間です

トラブルのほとんどが人間関係によるものです

でも、逆に考えると

人間関係がよくなれば、問題のほどんどが解決できるということですよね

私は【だるまちゃんとてんぐちゃん】の絵本が大好きです。

あらすじはこうです。
だるまちゃんは、てんぐちゃんの、うちわとか、鼻を羨ましく思い、
おうちの人にそれを真似て作ってもらいます。
そして、てんぐちゃんに見せに行きます。

その時のてんぐちゃんの台詞が好きなんですよね。

「ずいぶんいいものみつけたね」
「ずいぶんすてきな鼻になったね」
その都度、褒めて認めてあげる。だるまちゃんも嬉しそう。

自分の居場所がないと思う時がありますよね

私は、自分の居場所って、
自分を認めてくれる人のいるところではないかと思うのです。

私は17年間公文の先生をしていました

学年に関係なく一緒に学ぶ教室の空間は
社会の縮図でした

その中での子ども達への声掛けの工夫
障がい児への学習の工夫
保護者対応での傾聴

17年間でコミュニケーションの基礎に磨きをかけました

その時に思ったんです

子どもも大人も成長するきっかけは同じだと

プライベートでは一人娘の素行不良に悩まされました

不登校⇒高校中退⇒通信高校⇒アルバイトを転々⇒専門学校⇒就職と
今は落ち着いているものの、とても悩みました
そのときに哲学と仏教の考え方に救われました

私の教室のスタッフは開設当初からくれてい私が教室を辞めるまでの17年間ずっと継続して
働いてくれていた人ばかりです

その話に興味を持った保育園の園長さんが、教室見学に来てくださいました
そして私に保育士さんのための保護者対応研修のご依頼をいただきました

その後、その話を聴いた社長さんから会社の社員研修のご依頼をいただきました

こうしてどんどん繋がっていきました

私はこう思うんです

コミュニケーションは

認めて・見守り・見いだして! 3つのMで良くなります

それに確信を持ちたくて
コミュニケーションカウンセラーの勉強もしました

私の強みの一つに個人面談があります
話を聴いて1つ1つの言葉から、話す人の思考をクリアにして
整理できるようにします

個人面談から研修まで
コミュニケーションを良くしたいあなたのお役にたてたら嬉しいです

 

 

Copyright© コミュニケーションカウンセラー , 2019 All Rights Reserved.