どう伝えたらいいの?どう聴いたらいいの?

方法をセットで

 
この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

言葉と文字は笑顔の源!
産業心理カウンセラーの岡部あゆみです

会社員のAさんは上司から次のように言われた

「あなたの評価はDです
次も改善されなければ他の部署に
変わってもらうかもしれません」

なぜDなのか?
どこを直すとDじゃなくなるのか?

そこまで説明しないと
評価ではないような気がする

そんなことぐらい自分でわかるだろう・・

というのはちょっと違うような気がする

なぜかというと

評価はそこの職場での常識であって
場所が変わると常識ではないから

ルールをしっかり教えてあげないと
試合だってできない

改善点を言ってあげないと
何をどうしたらいいかがわからないと思う

評価をするときは
どう改善したらいいかのアドバイスとセットにしないと
言われた人が
自信を無くすだけのような気がする

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 伝え上手・聴き上手になる , 2022 All Rights Reserved.