どう伝えたらいいの?どう聴いたらいいの?

【オーダーメイドコミュニケーション研修】仲の悪い二人の間で板挟みになった時には気を遣わなくてもいいです

2020/02/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

書道とコミュニケーションで人を笑顔に!がモットー
コミュグラフィーナ代表岡部あゆみです

Aさんの同僚のBさんとCさんは

お互いに嫌っています
Aさんは特になんの感情も持っていません
BさんともCさんとも普通に会話しています

でもBさんと話しているときはCさんの視線が
Cさんと話しているときはBさんの視線が気になります

「私は関係ないのに何で気を遣わなければいけないんだろう」
Aさんは気疲れしていました

どちらにも加担しない

Aさんの立場になったときは
BさんCさんの感情に振り回されないようにすることが大切です
そのためには
●仕事のこと以外には距離感を置く
●悪口には反応しない
●悪口を言わない
その姿勢を心がけましょう

そうしているうちに周囲から
あの人は、自分に取り込めないということがわかるので
そういう話はしなくなってきます

上司の皆さんへ

上記のような雰囲気になっているときは
面談をして一人一人の話を聴いてみましょう
一人の言い分では偏りがでてきます

AさんBさんCさんの全員から話を聴いて
客観的に判断するようにしましょう

職場の雰囲気はこういった積み重ねをすることで
できてきます

【7/30・8/20経営者セミナー】”人材を活かすための”コミュニケーション110番

お申込みとお問合せ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 伝え上手・聴き上手になる , 2019 All Rights Reserved.