どう伝えたらいいの?どう聴いたらいいの?

過干渉と手助け

 
この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

言葉と文字は笑顔の源!
産業心理カウンセラーの岡部あゆみです

〚過干渉〛とは先回りして
相手の思考・行動を止めることという意味だ

例えば
後輩が現場に行くために準備をしている時に

はい、○○
はい、○○

と、先回りして全て準備してしまうのは過干渉だ
結果、その人の為にはならない

探せないときだけ
『○○はあそこにあるよ』とか
『これだけは忘れないで』という
助言は手助けだ

最初は丁寧に教える
次は、やってみてわからないところをフォローする
最終的にはその人が一人で出来るように見守る

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 伝え上手・聴き上手になる , 2022 All Rights Reserved.