どう伝えたらいいの?どう聴いたらいいの?

大事なことだから

 
この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

言葉と文字は笑顔の源!
産業心理カウンセラーの岡部あゆみです

「今から大事なこと話す。
一回しか言わないからちゃんと聞くように」

今までに、こういう言葉を
聞いた方も多いのではないだろうか

この言葉の深層心理として
集中して聞いてねという意味だと解釈する
それほど大事なことなんだよということを伝えている

外国から日本に来た方が
次のように話していた

「大事なことなら、なおさら
相手がしっかり理解するまで何度も話してあげた方がいい」

こう感じる人も多いと思う

でも、前出の「ちゃんと聞くように」と言った方も
質問を受けたら、相手に分かるように話してくれるはず

よくないのは

「ちゃんと聞けっていっただろ
一回しかいわないっていったから
あとは自分で考えろ」と
突き放すパターン

これはお互いにとって何の成長もない
そして信頼を失う

大事なことなら

相手がわかるまで、しっかり説明する
聞く人も真剣に話を聞く

これが必要なことなのではないかと思う

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 伝え上手・聴き上手になる , 2022 All Rights Reserved.