どう伝えたらいいの?どう聴いたらいいの?

【人間関係の悩みには必ず出口がある】噂をする人を前にしたら

 
この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

言葉と文字は笑顔の源!産業心理カウンセラー&書道家の岡部あゆみです

噂という文字は

口+人が盃を両手で持っているという形から
成り立っているそうだ

お酒が入らなくても
噂というのはどこからでも発生する

でも間違いなく人の口から発生している

ネットフリックスで『サバイバー 60日間の大統領』というドラマを見た

アメリカのドラマをリメイクした韓国ドラマだ

国会議事堂で爆破テロが発生し、大統領を失った韓国で
大統領権限代行に指定された主人公が、テロの首謀者を見つけて
家族と国を守りながら成長する物語だ

その中で、ライバル議員のこのようなセリフがあった

マスコミが、主人公の家族に関しての秘密を国民に発表しようと
騒いでいたときに

ライバル議員の秘書が、このようにささやいた

「この問題を責め立てたら、優位に立てますよ」

でもその議員はこのように言った
「私は、子どもの入学式・運動会・卒業式など行事に参加したことがない
全部仕事に費やしてきた。こんな私が、よその家族の問題に首を突っ込むべきではない」

秘書はバツが悪そうにし、それで話は終わった

噂が好きな人は

自分のことを棚に上げている
そして自分の想像で、考えで他人のことをとやかく言う

その人の口を止めることはできないが

参加しないことはできる

この議員のようにきっぱり線を引くことも勇気だ

 

※このようなお仕事をさせていただいております
すべてオンラインが可能です

【実績】

※職場の悩みの1位はいつも人間関係の問題です
逆に言えば、人間関係が良くなると離職率も減ります

働きやすいチームワークをつくるコミュニケーション研修のご案内

※不良で不登校だった娘と接することで気づかされた
人が成長していく原点をお話させていただいております
学校だけでなく、人を育てている企業の方からも
オファーをいただいております

【講演会】学校辞めた娘と私の8年間を語ります

※仕事や子育てに悩んでいる女性の方へ

産業心理カウンセラーはイケてる第三者の役割です

※仕事のご相談はこちらからお願いいたします

【お申込みとお問合せ】

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 伝え上手・聴き上手になる , 2020 All Rights Reserved.