どう伝えたらいいの?どう聴いたらいいの?

【オーダーメイドコミュニケーション研修】クレーム共有時「私じゃないから」という声を聞いたときには

2020/02/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

コミュニケーション研修講師の岡部あゆみです

何かトラブルが起きた時、クレームを受けた時に

社内で共有することは大切になってくるが
その時に「私じゃない、私とは関係ないから」という
気持ちでいると、共有に意味がなくなってしまう

共有というのは

一つの物を二人以上が共同で持つという意味だ

社内でいうと

クレームという一つの出来事を皆で考えることで
これから同じような失敗をしないようにという知識の共有だ

「私じゃない」と言う人はその意図がわからず
責任追及をされていると思っているかもしれない

そういう声を聞いたときには
まずは、共有する意味を共有していくところから
始めていく方がよいかもしれない

※企業や学校へコミュニケーション研修をしております

仕事のご相談はこちらからお願いいたします

お問い合わせ

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 伝え上手・聴き上手になる , 2020 All Rights Reserved.