どう伝えたらいいの?どう聴いたらいいの?

【オーダーメイドコミュニケーション研修】時間を視覚化する

2020/02/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

コミュニケーションカウンセラーの岡部あゆみです

あとどのくらいの時間が

赤なのか、青なのかがわかる信号機がある

また、道路の工事現場で一方通行になった時にも
青までの時間が表示されるものもある

時の流れは見えないものだが、こうして
数字や、形で視覚化されると分かりやすい

それはあとどのくらい待つと進めるかという
目安になるからだと思う

人は作業の終わりが見えていると安心する

少々お待ちください

混んでいるときなどに、よく聞かれる言葉だ
でも少々の時間の感覚はその人によってちがう

あと5分位、10分位など
具体的に話してあげると、それなら次にしようとか
その時間なら待てるかなとか
お客様が選択できる

具体的に話してあげることで
お客様の選択肢がより増える

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 伝え上手・聴き上手になる , 2019 All Rights Reserved.