どう伝えたらいいの?どう聴いたらいいの?

【オーダーメイドコミュニケーション研修】お客様との雑談の中にヒントがある

2020/02/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

コミュニケーションカウンセラーの岡部あゆみです

エプロンを買っていただいたお客様と

後日雑談をしていたAさん

「この前のエプロンいかがでしたか?」
Aさんの質問にお客様は次のように答えた

「あれ良かったわよ。ちょっと横のボタンが外れやすいけど」

そのときにあなたはどう思いますか?

良かったという言葉で安心するのか?
ボタンのことが気になるのか?

ボタンが気になりますよね

でもこの話が聴けたことってすごくラッキーなんです

お客様は多分、自分からは言わないと思います
雑談があってこそ何気なく聞こえてきた声です

何気なく聞こえてきた声は改善のヒントになります

ここがダメだったんだと落ち込むのではなく
次はどう修正したらお客様に喜んでもらえるかなあと
考えていくとよいですよ

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 伝え上手・聴き上手になる , 2019 All Rights Reserved.