どう伝えたらいいの?どう聴いたらいいの?

【オーダーメイドコミュニケーション研修】話し合いが感情的になりそうなら時間を置いてみる

2020/02/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

コミュニケーションカウンセラーの岡部あゆみです

売り言葉に買い言葉というのがある

相手の強い言葉に対して
強い口調で返すという意味だが

2人とも背景にあるのは
自分の感情だ

もし、1人が冷静になっていたら
このやりとりは成立しない

2人とも感情的になっているから
こうなってしまう

感情的になっているとき、なりそうなときは

ちょっと時間を置いてから
話し合ってみるのが効果的です

ちょっとの時間というのは
例えば1時間後でもいいかもしれない
でも仕事上では
あまり時間を置きすぎるのも良くないので
遅くても次の日には話し合った方がいい

感情的なままで話を進めても

平行線になるか
気まずくなるか
決裂するかしかなくなってしまう

意見が違うことがわるいことではなく
それに対してお互いにどう向き合うか

少なくとも感情的になることは
お互いにとって利点がないと思う

 

※接客/サービスマナー/対人関係の研修をしております
研修の詳細のお問い合わせはこちらからお願いいたします
打ち合わせをして御社のご希望に合わせた研修をさせて頂いております
よろしくお願いいたします
【お申込みとお問合せ】

 

この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 伝え上手・聴き上手になる , 2019 All Rights Reserved.