どう伝えたらいいの?どう聴いたらいいの?

翻訳

 
この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

言葉と文字は笑顔の源!
産業心理カウンセラーの岡部あゆみです

外国人と話すときに

あなたは英語で話そうとしたり
ゆっくり話したりという行動を取るかもしれない

違う言語で話す時には
気を遣うのに

同じ言語だと、つい自分が話すことは
全て相手に伝わっていると思っていると思いがちだ

でも同じ言語でも
聞いたときに人は
自分の頭の中で、自分の分かりやすい言葉に
翻訳している

そして自分が理解しやすいようにしている

でも自分がわからない言葉だと
どう自分の中に取り込んでいいのかがわからない

日本語の表現もいろいろある

自分がわかりやすからといって
相手もわかりやすいかというと
そうじゃない場合も多い

同じ言語だから通じるはずというのは
時には、あてはまらないこともある

 

この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 伝え上手・聴き上手になる , 2021 All Rights Reserved.