どう伝えたらいいの?どう聴いたらいいの?

【オーダーメイドコミュニケーション研修】『直ぐ』と『速やか』の違い

2020/02/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

コミュニケーションカウンセラーの岡部あゆみです

直ぐにお願いします
速やかにお願いします

これってどちらを優先させたらいいと思いますか?

直ぐの意味は
時間をおかないさま。ただちに。「連絡があれば―対応する」

速やかの意味は
物事の進行がはやいさま。時間をおかずにすぐ行うさま。
「速やかに決断する」

どちらもすぐに行うことには変わりはありませんが

緊急性でいうと
【直ぐ】の方が
早くやってほしいという気持ちが強い言葉になります

【速】という文字は薪をたばねて運ぶということから
きているそう
速やかには、束ねる時間があるということです

早くやってほしいというのはどちらも同じですが
直ぐのほうが緊急性が高いと考えた方がいいですね

サービスマナー・接客・対人コミュニケーションセミナーは
こちらからお願いいたします

【お申込みとお問合せ】

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 伝え上手・聴き上手になる , 2019 All Rights Reserved.