どう伝えたらいいの?どう聴いたらいいの?

【オーダーメイドコミュニケーション研修】比べて褒めると逆効果

2020/02/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

書道とコミュニケーションで人を笑顔に!がモットー
コミュグラフィーナ代表岡部あゆみです

織田信成さんのツイッターから

【誰かを引き合いに出して褒める人たち
AさんはBさんと違って仕事出来るよね~とか
多分AさんもBさんもそれを聞いて嬉しくないと思うの
みんなそれぞれの状況の中で頑張ってるだけやから
その人のありのままを認めてあげたらどうでしょうか】

「AさんはBさんと違って仕事できるよね」は褒め言葉ではありません

これはAさんを利用したBさんへの悪口です
褒めるときは「Aさん良かったよ」だけでいいと思います

シンプルに!すぐに!が褒めるときには大切です

朝、お客様への対応が良かった社員に
帰り際に良かったよと言っても
何に対してほめられたのか?がすぐにはピンとこないものです

朝すぐに褒めるときは
「今の対応良かったよ」でいいですが

時間が経ってから褒めるときは
「今朝の○○の時のお客様への話しかけがとても良かった」と
具体的に言いながら褒めると良いと思います

 

この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 伝え上手・聴き上手になる , 2019 All Rights Reserved.