どう伝えたらいいの?どう聴いたらいいの?

【オーダーメイドコミュニケーション研修】視点を変える

2020/02/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

書道とコミュニケーションで人を笑顔に!がモットー
コミュグラフィーナ代表岡部あゆみです

娘の不良少女のピークだった頃

友人から一つの質問をされた。
「○○ちゃんのいいところは?」

その時私は

何も言えなかった。
言えなかったというよりも浮かんでこなかった。
びっくりした。
自分自身に。
私は娘の悪いところしか見ていなかったと思った。

会社でも

社員の悪いところばかりが気になりがちだ。
そうなると、イライラが倍増。
注意するときも言葉がキツクなったりする。

言葉というのは人が何かを伝えるために作られたもの

見方によっては短所も長所になる

例えば

神経質→細かいミスにも気づくことができる
短気→時間を大切にしている
自分に甘い→自分のペースを保つことができる

視点を変えてみると

気持ちがラクになったりしませんか?
そして、この言い換えを見るとクスッと笑ってしまいませんか?

色々な角度から見ることで

コミュニケーションが取りやすくなります。
それは、相手が変わるわけではなく
あなたの見方が変わるからです。

【6/18経営者セミナー】”人材を活かすための”コミュニケーション110番

岡部のコミュニケーション研修とは

お申込みとお問合せ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 伝え上手・聴き上手になる , 2019 All Rights Reserved.