どう伝えたらいいの?どう聴いたらいいの?

【オーダーメイドコミュニケーション研修】クレームの捉え方

2020/02/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

コミュニケーションで人を笑顔に!がモットー
コミュグラフィーナ代表岡部あゆみです

先日のコミュニケーション研修で

クレーム対応の話をしていた時のことです

社員の方からこのような発言がありました

「クレームを言ってくるお客さんはまだいい
何も言わないでもう二度と来ないお客さんもいるので」

そうなんです

どこでも何にでもクレームをつける人は別ですが

そうではなくて意見を言ってくれる人は
まだお店や商品と繋がりを持ちたい人が多いです

『自分は利用したいけれども、これじゃ困る』という感じです

クレームをつけるのもエネルギーがいるもの

自分に置き換えても、そこまで言わなくても
他の商品もあるし、他のお店もあるし・・と思ったり
しませんか?

改善するかしないかは別として1つの意見として受け止め

次のステップに活かしていくような捉え方をしていくと
前向きになるのではないでしょうか

岡部のコミュニケーション研修とは

お申込みとお問合せ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 伝え上手・聴き上手になる , 2019 All Rights Reserved.