どう伝えたらいいの?どう聴いたらいいの?

合理的配慮というよりも

 
この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

言葉と文字は笑顔の源!
産業心理カウンセラーの岡部あゆみです

この人が本当に助けられたのは

職場での周囲の理解があったから

いくら、この仕事をしなくてもいいよと言われても
周囲の人の理解がなければ
肩身の狭い思いをすることになる

適材適所と言ってもらって
気持ちがラクになったと思う

この方の場合は

職場に、他に電話に出る人がいるが
もしかしたら、同じ症状の人でも

人が足りなくて
出なければならない職場もあるかもしれない

そういう時にも
完璧を求めず、その人が出来る分でという
周囲の理解が必要になって来ると思う

適材適所には優しさがセットとなる

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 伝え上手・聴き上手になる , 2022 All Rights Reserved.