どう伝えたらいいの?どう聴いたらいいの?

勘違いしている人に対して

 
この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

この方は

『近くのディーラーで』という一部分の情報しか読んでいない

「え~!そんなことあるの?わかるでしょ?」と
思うかもしれないが
実際にこのようなことは起こっている

いくら詳しく書いても
丁寧に説明しても

勘違いや伝達のミスは起こる

それを相手に理解してもらおうとするとき
できない理由と
その人が次にどういう行動をしたらいいのかを
説明すると良い

例えば上記の場合だと

メーカーが違うからということと
ここから近いところは、○○と○○だと思いますので
そこに連絡してみてはいかがでしょうか
連絡先は○○のようです。と伝えてみる

それでも納得しない時は
もしかしたら、実際にあなたがディーラーに連絡して
そちらから説明してもらうようにする
ということもあるかもしれません

簡潔にわかりやすくというのは
なかなか難しいものです

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 伝え上手・聴き上手になる , 2022 All Rights Reserved.