どう伝えたらいいの?どう聴いたらいいの?

いっぱいいっぱい

 
この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

言葉と文字は笑顔の源!
産業心理カウンセラーの岡部あゆみです

不登校経験があるAさん

保健室登校してた頃
いつも優しい担任の先生がいたそうだ

クルマから中々降りられないAさんに
その先生は言った

「よく来れたね。じゃあ今日は帰って良いよ」と

Aさんは嬉しかったそうだ

私がこの話を思い出したのは
つい最近、職場でも同じような話をきいたからだ

その人は一人で仕事を抱え込んでしまい
疲れが出たのだろうか

ある時から職場には行けるのだが
事務所に入ると動悸が酷くなり
いることができなくなった

その時は、事務所以外の場所で
作業をしていた

周囲の人は見守っていたという

ついつい人は

一つできると次のことをすぐ求めがちだ
でも本人にとっては来ることが精いっぱいかもしれない

様子を見ながら
その時のその人に合った仕事をしてもらうのも
大切かなと思う

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 伝え上手・聴き上手になる , 2022 All Rights Reserved.