どう伝えたらいいの?どう聴いたらいいの?

その言葉遣いは、わざと?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

言葉と文字は笑顔の源!
産業心理カウンセラーの岡部あゆみです

病院に行ったAさん

そこの受付の人が
丁寧語の患者さんには丁寧語で
そうじゃない患者さんには友達口調で返していることに気付いたそうだ

もし職場でそのような人がいたら

意図的にしているのか
それとも、相手に合わせることが良いことだと思っているのかの
確認が必要だと思う

前者の場合は
「すべての人に丁寧語で」という言葉で済むが

後者の場合は
言葉遣いよりも
とにかく相手に合わせようと思っているのかもしれない

そんなときは

「相手に合わせるということは大事だけど
接客の時に関しては、皆、同じく丁寧な言葉で
対応してほしいな」と
少し説明を加えてあげた方が混同しなくて済むかもしれない

帰ってからAさんは

その病院の評判を検索したところ
言葉遣いが悪いという意見も中にはあったそうだ
多分
患者さん自身が丁寧語で話していなくても
相手がそう返してくれなかったら不満に思うのと
当人じゃなくても
周囲で聞いている人がそう感じているという可能性があると
いうことを実感したそうだ

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 伝え上手・聴き上手になる , 2021 All Rights Reserved.