どう伝えたらいいの?どう聴いたらいいの?

助詞は大切

 
この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

言葉と文字は笑顔の源!
産業心理カウンセラーの岡部あゆみです

フィギュアスケートの高橋大輔さんが
アイスダンスに転向して2年が経つという

大会でも良い成績をおさめていて
来月行われる予定の
オリンピック代表選考会でも
注目されている選手の一人だ

演技を見たが
リフトもあるので
私が以前見た髙橋選手よりも
腕もムキムキで、全体的に筋肉がついている印象だった

その演技を見ていたコメンテーターの方が次のように言った
「女性の方を軽々しくあげていますね」

いや、それを言うなら【軽々とだろう】と一人で突っ込んでいた(笑)

【しく】と【と】だとイメージが全く違う

例えば「コーヒーがいいですか?お茶がいいですか?」と聞かれて
「コーヒーがいいです」というのと
「コーヒーでいいです」というのでは印象がだいぶ違う

【が】だと本当に飲みたいと思うが
【で】というと仕方なくという感じられてしまう

ひとつの文字でも聴く側にとって、捉える印象が変わってくる

たかが、ひと文字、されど、ひと文字である

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 伝え上手・聴き上手になる , 2021 All Rights Reserved.