どう伝えたらいいの?どう聴いたらいいの?

忙しい時もそうじゃない時も

 
この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

言葉と文字は笑顔の源!
書道家カウンセラーの岡部あゆみです

Aさんがある飲食店に入った時に
店主がこのように言った

「今のご時世めっきりお客様が少なくなって・・
空いているのでいつもより丁寧に作りますね
混んでいるとそうじゃないときもあるので」

Aさんは冗談かと思って聞き流していたが
冗談にしても言わない方がいいんじゃないかなあと思ったそうだ

お客様にしてみたら
混んでいる時も空いている時も
出されるもののクオリティーは同じだと思いたい

その話を聴いて私は
教室を開設した当初の助言を思い出した

何かしようと思ったときは
教室のマックスの人数を考えて
できることをした方がいい

1人か2人ならばできるサービスでも
多くなると無理なものってある

忙しくなってもできることを考えた方がいい

先ほどの店主はどういう言い方をすればよかったのか?
「ご来店ありがとうございます」だけで良いのではないかという気がする

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 伝え上手・聴き上手になる , 2021 All Rights Reserved.