どう伝えたらいいの?どう聴いたらいいの?

【働きやすい職場のために】現場のために

 
この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

言葉と文字は笑顔の源!
産業心理カウンセラー&書道家の岡部あゆみです

この空間に対して自分がどういう風にしたら
良い雰囲気になるだろうか

そう考えることもあると思う

言われた演出家さんはその言葉に対し

「つい声を荒げてしまうけど気をつけてみる」と言い
そこで終わったらしいが

中には怒鳴ることで場の空気を変えることが
いいと思っている人もいる

脅しで人は伸びない

威嚇の『嚇』は顔を真っ赤にして怒るというというところからきている

怒るからやらなくてはではなく
自分からやるようにしていく

そのために必要なことは何か?

少なくとも威嚇ではない

前出の大御所の人は

現場の人たちが動きやすいように
この演出家に言えるのは自分だけだと
自分の立ち位置を冷静に分析しての発言だと思う

こういう人は周囲から信頼を寄せられる

 

※ 働きやすい職場のための
人間関係、人育て、接客などについてお話させていただいております

講演や研修もしております

連絡はこちらからお願いいたします

090-7074-7638

【メールでのお申込みとお問合せ】

この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 伝え上手・聴き上手になる , 2021 All Rights Reserved.