どう伝えたらいいの?どう聴いたらいいの?

【働きやすい人間関係のために】誰が出たの?ではなく

 
この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

言葉と文字は笑顔の源!
産業心理カウンセラー&書道家の岡部あゆみです

電話で持ってきたら返品できますっていうから
来たんだけど

と目の前のお客様に、言葉を詰まらせたAさん
それは返品できない品物でした
お客様には丁寧に説明をして納得してもらいましたが
誰が言ったのか気になりました

でもここで言った人は誰?どうしてそう言ったの?と
特定したところでその人が萎縮するだけだなと判断したAさん
皆を集めて、出来事を詳細に話し
今後こういうことがないように今一度確認しました

そして、もしもう一度同じことがあったら
その時は誰なのかを特定してまた注意することにしました
一度このように確認してもまだ起こるようだったら
個別しかないだろうなと思ったからです

何か起こった時に「誰が?」とつい思いがちですが
また同じことが起こらないように全体でまずは
共有していくことが大切だと思います

※上手く伝わらない
指導の仕方がわからない
人間関係がぎくしゃくしている

そのような職場のお悩みに答える、研修やセミナーをしております

オカベへのご連絡はこちらからお願いいたします

【電話でのお申し込みとお問い合わせ】

 

【メールでのお申込みとお問合せ】

この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 伝え上手・聴き上手になる , 2020 All Rights Reserved.