どう伝えたらいいの?どう聴いたらいいの?

【人間関係の悩みには必ず出口がある】頭に思ったことをすぐ口に出してしまう人

 
この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

言葉と文字は笑顔の源!
産業心理カウンセラー&書道家の岡部あゆみです

Aさんの職場には思ったことをすぐに口にするBさんという人がいます

例えば
Aさんが入り口付近にいる時
「そこにいると邪魔なのでどいてくれませんか」

早退する人に
「早退するのは勝手ですけど
やることやってから帰ってくださいね」

送別会の出欠を取った時
「別に○○さんにはお世話になっていないし
あまり好きじゃないから出ないです」

最初は驚いたAさんですが

Aさんだけでなく、周囲の人にもそういう感じなので
Bさんの個性だと思うようにしましたが

あることも同時にしようと思いました

それは、Bさんにちょっと酷い言い方をされたときに
「今の言い方はちょっとショックだったな」と自分の気持ちをいうこと

Bさんのことを云々というよりも
自分が今どういう気持ちだったのかを話しました

Bさんは自分の頭に浮かんだことをパッと口に出しますが
相手がどう思ったかを感じ取るのが苦手です

だから、その言葉で自分がどう思ったのかを伝えることにしたのです

Bさんは真面目で仕事熱心でいいところもたくさんあります

悪い部分を直そうとすると難しい
だけど、自分の言ったことで相手がどう思うのかを知ることで
何か変化があるかもしれない

周囲の人はきっかけを与えるだけしかできないのです

 

 

【実績】

※職場の悩みの1位はいつも人間関係の問題です
逆に言えば、人間関係が良くなると離職率も減ります

働きやすいチームワークをつくるコミュニケーション研修のご案内

※不良で不登校だった娘と接することで気づかされた
人が成長していく原点をお話させていただいております
学校だけでなく、人を育てている企業の方からも
オファーをいただいております

【講演会】学校辞めた娘と私の8年間を語ります

※仕事や子育てに悩んでいる女性の方へ

産業心理カウンセラーはイケてる第三者の役割です

※仕事のご相談はこちらからお願いいたします

【お申込みとお問合せ】

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 伝え上手・聴き上手になる , 2020 All Rights Reserved.