どう伝えたらいいの?どう聴いたらいいの?

【人間関係の悩みには必ず出口がある】自分の常識・自分の正論

 
この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

産業心理カウンセラーの岡部あゆみです

人は、その人その人の考え方がある

それぞれの主張がある

時には自分が考えていることとは違ったり
それは間違っていると感じることもあるかもしれない

意見が違うのは当たり前

ただ、それに対して最初から否定してしまうと
もうずっと平行線になってしまい
お互いに聴く耳をもてなくなる可能性が高くなる

自分とは違う思考を

こういう考え方もあるんだ
こういう視点もあるんだと一旦置く

中には、それは明らかにおかしいと思うこともある

そういう時は、「あなたはそう思うんですね」でいい

様々な意見を自分の思考の幅を広げる要素にする

自分の常識・正論を疑うということも

独りよがりにならないようにする1つの方法だ

でも・・自分はそう思っていても、感情的に非難する人がいたら

その時にはスルー力も必要

感情的な非難と言うのは、あなたを傷つける言葉の暴力だ

言葉の見えない暴力、文字の見える暴力
どちらも人を傷つける威力はものすごい
そして立ち直るにも時間がかかる

それは自分が構えていないときに不意にくるから
スルー力も必要

話し合いは

お互いの意見を尊重し合える人同士にだけ
成立するものなのかもしれない

 

 

※このようなお仕事をさせていただいております
すべてオンラインが可能です

【実績】

※職場の悩みの1位はいつも人間関係の問題です
逆に言えば、人間関係が良くなると離職率も減ります

働きやすいチームワークをつくるコミュニケーション研修のご案内

※不良で不登校だった娘と接することで気づかされた
人が成長していく原点をお話させていただいております
学校だけでなく、人を育てている企業の方からも
オファーをいただいております

【講演会】学校辞めた娘と私の8年間を語ります

※仕事や子育てに悩んでいる女性の方へ

産業心理カウンセラーはイケてる第三者の役割です

※仕事のご相談はこちらからお願いいたします

【お申込みとお問合せ】

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 伝え上手・聴き上手になる , 2020 All Rights Reserved.