働きやすい人間関係づくりのお手伝いをいたします

【オーダーメイドコミュニケーション研修】怖っ・・

 
この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

オーダーメイドコミュニケーション研修講師の岡部あゆみです

お化けより生きている人が怖い

小さい頃、幽霊を怖がっていた私によく
祖母が言っていたが、今本当にそう思う

ここ1~2か月で
人の感情って怖いなあというのを目の当たりにしているが
特にこのニュースを見て怖いなあと思った

大阪府知事、休業要請に応じない施設を公表判断

https://news.livedoor.com/article/detail/18154997/

恐怖政治かよ!と怖くなった

この前にこのような出来事があった

https://www.nikkansports.com/general/news/202004200000470.html
府には500件もの「あそこは開いている」という通報があったらしい

正義と言う名のチクりだなあと嫌になった

お店は、開けていても閉めていても苦渋の決断だ
いろいろ事情がある

要請するのは簡単だ
でも言っている人が実行するわけではない
責任を負うわけではない

お店を公表することでどういう風になるかということも
府は考えているのだろうか?

閉めてくれ
閉めないから名前を晒すねというのは恐喝と一緒だ

日本テレビの藤井アナウンサーがこのようなことを話していて、まさにその通りだなと思った

2週間前にを決断した東京・三軒茶屋の漫画喫茶店のニュース
家賃の支払いが難しいことから廃業を検討していたが
この間に約100人から寄付や応援メッセージを受け取ったという。
夏頃までは廃業を避けられる見通しだが
厳しい状況に変わりなく、何とか生き残りを模索していると伝えた。

 藤井アナはそれに対し


「緊急事態宣言を受けてお客さんが激減する中、
お金儲けをしようと思って開けているお店はないと思います。
ですから今大切なのは、生活のために開けているお店への批判ではなく、お世話になってきたお店への応援ではないでしょうか。
電話1本、LINE1通でも、何が自分にできるか気付けると思います。
自粛要請の限界や矛盾を店主に押し付けないためにも、
皆さんの温かい一言が必要です」と話した

正にその通りだと気持ちが少しスッとした

 

※今までこのようなお仕事をさせていただいております
すべてオンラインが可能です

【実績】

※不良で不登校だった娘と接することで気づかされた
人が成長していく原点をお話させていただいております
学校だけでなく、人を育てている企業の方からも
オファーをいただいております

 

 

【講演会】学校辞めた娘と私の8年間を語ります

※仕事や子育てに悩んでいる女性の方へ

【個別相談】女性の皆さんへ!あなたのお話を聴きたいです

※仕事のご相談はこちらからお願いいたします

【お申込みとお問合せ】

 

この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 産業心理カウンセラー&書道家 , 2020 All Rights Reserved.