どう伝えたらいいの?どう聴いたらいいの?

【オーダーメイドコミュニケーション研修】ストレスで体を壊したら元も子もない

 
この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

オーダーメイドコミュニケーション研修講師の岡部あゆみです

スーパーで買い物をしていたときのこと

衛生帽と衛生服を着たバックヤードで働いているらしき人と
私服の人が立ち話をしているのを見た

通り過ぎた時に聞こえてきたのは

「体を壊したら元も子もないから」という言葉

想像するに

白衣の人は責任者で私服の人はアルバイトの人だろうか?

それとも、たまたま品出しの時に、お客様として来ていた
友人と立ち話をしていたのだろうか?

でも何となく深刻な雰囲気だったので
悩みを相談しているのは確かだったと思う

何がストレスになるかはその人によって違うので

自分は、そんなこと大したことないと思っても
その人にとってはとても深刻なことだから
自分の価値感で考えないことが大切だ

でも何よりも

その白衣の人が言っていた通り
身体が大事だ

身体や精神を壊してまでやることは何もない
というか次に進むことも出来なくなってしまう

上司や経営者の方は

いつも相談できる環境を整えつつ
話を聴いて、その人にとって職場にとって
出来る限りのことをする

それでも人は完璧ではないから
お互いうまくいかないこともある

そういう場合は、送り出すこともあるかもしれない

だけどその経験を次の人や職場に活かしていく

そして道で会ったときには

元気?と声を掛けてあげられるような関係であれたらいいなと
思ったりする

スーパーの一風景で何となく思い浮かんだことを書いてみました

 

※今までこのようなお仕事をさせていただいております

【実績】

※不良で不登校だった娘と接することで気づかされた
人が成長していく原点をお話させていただいております
学校だけでなく、人を育てている企業の方からも
オファーをいただいております

【講演会】学校辞めた娘と私の8年間を語ります

※仕事や子育てに悩んでいる女性の方へ

【個別相談】女性の皆さんへ!あなたのお話を聴きたいです

※仕事のご相談はこちらからお願いいたします

【お申込みとお問合せ】

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 伝え上手・聴き上手になる , 2020 All Rights Reserved.