どう伝えたらいいの?どう聴いたらいいの?

【オーダーメイドコミュニケーション研修】洞察力とは

2020/02/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

コミュニケーションカウンセラーの岡部あゆみです

物事を観察して、その本質や奥底にあるものを見抜くこと
見通すこと

これが『洞察』の意味です

例えばお客様が何か不快に思うことがあったとします
それに気づいてあなたが謝ったとき

「いいですから」と言われたとします
その時の言葉の意味は2種類あります

本当に気にしていないのか
もう結構ですと拒絶しているのか

真逆の気持ちですよね

お客様がどちらの気持ちなのかを
判断するのがこの洞察力です

言葉だけで判断しようとすると難しいです

表情だったり
言い方だったり
仕草だったり
目線だったり

最初はわからないかもしれません
でも分からないからと言ってそのままにせず
理解しようと努力することが必要だと思います

お客様の気持ちに寄り添う

その奥にある本当の思いは何なのか
アンテナを張るということもそういうことかもしれません

サービスマナー・接客・対人関係のコミュニケーション研修
はこちらから

【お申込みとお問合せ】

 

この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 伝え上手・聴き上手になる , 2019 All Rights Reserved.