どう伝えたらいいの?どう聴いたらいいの?

【オーダーメイドコミュニケーション研修】コミュニケーションの基本のき

2020/02/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

コミュニケーションカウンセラーの岡部あゆみです

コミュニケーションという言葉はよく使われているけれど

どういう意味?

そう訊かれたときにみなさんはどう答えますか?

三省堂辞書ウエブ編集部によると

「さまざまな情報内容」を「さまざまな手段」で「伝え合う」ことを
総称する言葉です

「意志・感情・思考などのさまざまな情報内容」を
「言葉・身振りや手振り・表情・通信技術などのさまざまな手段」を用いて
「互いにそれらを伝え合う」ような状況がコミュニケーションと言われています

つまり、コミュニケーションをとるとは

異なる立場の人が、何らかの手段によって
意思や感情などの疎通を図る場合に使われるものです

私が腑に落ちたのは

「異なる立場」というところ

置かれている状況から生じる考え方の違いがそれだと思う

そうなると家族も皆、異なる立場だ
父親・母親・長男などなどそれぞれで違う

また、その家庭の中では父親でも
実家に行くと子どもになる

それぞれの立場があり、考えもある

会社に行くと、その部署では上司になり
経営者の前では部下になり
場面場面で立場が違う

その立場によって異なる考えを伝えるために
相手の気持ちや立場を考えることが
コミュニケーションなのだと思うと
分かり合えないことがあっても
方法を変えてまたチャレンジしていけばいいかなと
前向きに考えられるのではないかなと思っている

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 伝え上手・聴き上手になる , 2019 All Rights Reserved.