どう伝えたらいいの?どう聴いたらいいの?

【オーダーメイドコミュニケーション研修】個人面談は何のため?

2020/02/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

書道とコミュニケーションで人を笑顔に!がモットー
コミュグラフィーナ代表岡部あゆみです

個人面談をする機会も多いと思います

面談の良いところは、1対1なのでお互いに
自分の思いや気持ちを話せるということにあると思います

でも、その人によっては
訊いても話が続かなかったり
自分が聞きたいことが聞けなかったということもありますよね

自分が聞きたいことがあるのであれば
面談の数日前に、事前に○○のことについて話し合いたいから考えておいてね
と予告するか、アンケート用紙を渡して書いてもらうのもいいかもしれません

そうすると、相手も前もって考える時間も出来ます

面談は

相手の話を聴くこと
自分の思いを伝えること
ができる貴重な時間です

なぜこれをしてもらいたいのか・・私はこう思っている
この希望は叶えられるけど、こっちは無理かもしれない
でもそれができるように今は○○の取り組みをしている

もちろん、平行線のときもあるかもしれません
でもずっとそうとは限らない
諦めず、聞き続け伝え続けることが大切なのです

 

この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 伝え上手・聴き上手になる , 2019 All Rights Reserved.