どう伝えたらいいの?どう聴いたらいいの?

【オーダーメイドコミュニケーション研修】後輩に仕事を教える時間が取れません

2020/02/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

書道とコミュニケーションで人を笑顔に!がモットー
コミュグラフィーナ代表岡部あゆみです

自分の仕事もいっぱいいっぱいなのに

後輩に教える役割を任されたAさん
帰る時間が遅くなるなあとため息です

このように自分の仕事の時間+何かをしなければいけないときは
仕事の時間を増やすよりも
まずは効率化を考えてみましょう

例えば

仕事の時間が10とします
今まで10あなたの仕事の時間でしたが
後輩への時間配分を考えてみましょう
10のうち2を後輩に費やすとしたら
今まで10費やしていた自分の仕事を8で出来るように効率化していくのです

見直すことで、この作業はもっと短い時間で出来るかもしれない
という気づきもあると思います

10に2を増やしていくとあなたの負担ばかり増えて辛くなってきます

仕事の効率化は定期的に考えていくといいと思います

※コミュニケーション研修のご相談はこちらまで

お問い合わせ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 伝え上手・聴き上手になる , 2019 All Rights Reserved.