どう伝えたらいいの?どう聴いたらいいの?

【オーダーメイドコミュニケーション研修】「やる気を出せ」ではなく「やる気が出る話」をする

2020/02/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

書道とコミュニケーションで人を笑顔に!がモットー
コミュグラフィーナ代表岡部あゆみです

相手にやる気を出して欲しい時に

どのような言葉を掛けますか?
いくら「頑張れ」といっても効果は出ないと思います
「やる気を出せ」といっても同じです

何故か?

それは暗に
(あなたが)頑張れ」
(あなたが)やる気を出せ」と
相手に要求しています

脅しです(笑)
脅されて「よし!やるぞ!」と思う人はいませんよね

やる気が出る話をしてあげなければ人は動きません

やる気の出る話とは何でしょう?
まずは
「この人はどんな話をしたらやる気が出るんだろう?」と考えることが第一歩です

ある人はNHKの『プロフェッショナル』を見てもらうとおっしゃっていました

またある人は『自分の失敗談を話してから、自分が相手に対しての期待を話す』と
おっしゃっていました

「○○しましょう」と言うだけでは物事は変わりません
これは相手の課題ではなく、あなた自身の課題です

すぐには変化は見えません

何故なら人はあなたではないから(笑)

思い通りに行かないのは当然です

そこからどう歩み寄って妥協点を見つけ
共に成長していくのかが大切です

【6/18経営者セミナー】”人材を活かすための”コミュニケーション110番

岡部のコミュニケーション研修とは

お申込みとお問合せ

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 伝え上手・聴き上手になる , 2019 All Rights Reserved.