どう伝えたらいいの?どう聴いたらいいの?

周りが見えるようになるには?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

言葉と文字は笑顔の源!
産業心理カウンセラー&書道家の岡部あゆみです

Aさんがあるお店に行ったときに

先輩に注意されていた人がいたそうだ
その人は研修という腕章を付けていたので
多分新人であろうとAさんは思った

その先輩はこう続けた

「全然まわりが見えていない
ちゃんと周りを見てください」

これは新人の方には、酷な忠告だ

まず何を見たらいいのかを説明していない

注意されている方も
何を改善したらいいのかがわからない

厳しい口調で言われているから質問もできない

最初は一つから

例えば、お客様を席に案内する
最初はうつむいて案内していたのが
だんだんお客様の表情も
見えてくるようになる

一つのことができたときには褒める

その積み重ねでだんだん仕事の全体像が見えてくる

ちゃんと周りが見えるようになるには
段階が必要です

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 伝え上手・聴き上手になる , 2022 All Rights Reserved.