どう伝えたらいいの?どう聴いたらいいの?

【働きやすい職場のために】年賀状の宛名

 
この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

言葉と文字は笑顔の源!
産業心理カウンセラー&書道家の岡部あゆみです

保育士のAさんは休み明けに1人のお母さんからこのようなことを言われました

「年賀状ありがとうございました
でも宛名が、主人と子ども達なんですね」

そのときはこの意味がわかりませんでしたが
あとから理由がわかりました

その方は

「自分の名前が書かれていなかったことにモヤモヤしている
子ども達のために自分が頑張っているのに・・」

そのように思っていたのです

でも話を聞いてみると
その方だけでなく、同じように思っていた方がいました

保育園側の理由はただ一つ

世帯主と子ども達の名前で出すという慣例があったからです
その他の意味は何もありません

でも、せっかく新年の挨拶で年賀状を出したのに
嫌な思いをさせてしまったら本末転倒です

園では、
年賀状の宛名について
1.今まで通りにして
事前に世帯主とお子様の名前を書いていますという説明をするのか

2.子どもの名前だけにするのか

3.お母さんの名前と子どもの名前にするのか

など、会議で話し合う予定だそうです

「宛名一つにしても
今まで当たり前だと思っていたことを考えさせられて
ハッとしました」と園長先生はおっしゃっていました

※仕事のご相談はこちらからお願いいたします

電話:090-7074-7638

【メールでのお申込みとお問合せ】

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 伝え上手・聴き上手になる , 2021 All Rights Reserved.