どう伝えたらいいの?どう聴いたらいいの?

【働きやすい職場のために】ダメなことばかり言われ続けていると

 
この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

言葉と文字は笑顔の源!
産業心理カウンセラー&書道家の岡部あゆみです

保育園の個人面談に行ったAさん

1年に1回の面談なので
先生と話せることが楽しみでした

でも担任の先生から言われたことは
「あれができない」
「これがダメ」と
できないことのオンパレード

そしてAさんがガッカリしたのは
「どうしたらできるようになりますか?」という問いに対して

「出来ないお子さんもたくさんいますから」という返事しか返ってきませんでした

「子どもの良いところも話して欲しかったし」
「できないところはどうしたらいいかのアドバイスも欲しかった」とAさん

もしできないところを指摘するときは

それに対して、聞いた人がどう行動したらいいのかの
アドバイスもセットで言うようにしないと

劣等感だけが根付いてしまいます

自分で考えてほしいと思う時でも
せめてヒントくらいは話してほしいと思います

先生に相談してよかった
先生と話してよかった

そういう面段にしていきたいですよね

※仕事のご相談はこちらからお願いいたします

【電話でのお申し込みとお問い合わせ】

【メールでのお申込みとお問合せ】

 

この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 伝え上手・聴き上手になる , 2020 All Rights Reserved.