どう伝えたらいいの?どう聴いたらいいの?

【働きやすい人間関係のために】問題解決にはいろいろな視点が必要

 
この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

言葉と文字は笑顔の源!
産業心理カウンセラー&書道家の岡部あゆみです

「ビルのエレベーターの待ち時間が長い
改善されないのなら退去します」とテナントに言われた
管理会社のAさん

そこで会議を開きます

エレベーターを増やすか、取り換えるか

いずれにしろコストが莫大にかかり現実的ではありません
何度も会議を重ねますが解決策がでませんでした

行き詰った時に新人が言いました
「各階のエレベーターの前に大きな鏡を置きましょう」

それ以降クレームはなくなりました

待っている人が、身だしなみを整えたりしたので
待ち時間が減ったのです
正確には待っていると感じる時間が減ったのです

これは【問題解決のアート】(ラッセル・L・エイコフ著)からの抜粋ですが
エレベーターのことだけでなく
人の心理を考え、工夫をすることで問題を解決することができた
よい事例だと思います

違う考えの人がたくさんいるからこそ
解決の糸口が見えてくるのです

 

岡部あゆみへの連絡はこちらからお願いいたします

【電話でのお申し込みとお問い合わせ】

【メールでのお申込みとお問合せ】

この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 伝え上手・聴き上手になる , 2020 All Rights Reserved.