どう伝えたらいいの?どう聴いたらいいの?

【オーダーメイドコミュニケーション研修】焦って視野が狭くなる人には

2020/02/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

コミュニケーションカウンセラーの岡部あゆみです

トンボは真後ろ以外のほぼ360度の視野があるという

お客様で混雑している店内

向こうで手をあげているお客様に気付かず
目の前のお客様にいっぱいいっぱいになっていることも
ありますよね

【視野】は目が届く範囲という意味です
人が見える範囲はほとんど同じです

でも、人は焦っている時、忙しい時などは
見える範囲が狭くなります
見えるというよりも、気づく範囲といったほうが
この場合は当てはまるかと思います

広い視野を持つためには

まず、目の前の忙しさに焦らずに
一旦深呼吸して気持ちを落ち着けることから
始めましょう

そうしたら、今までよりもちょっと違った視野に
なっているかもしれません

 

接客・サービスマナー・人間関係コミュニケーション研修は
【お申込みとお問合せ】

この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 伝え上手・聴き上手になる , 2019 All Rights Reserved.