どう伝えたらいいの?どう聴いたらいいの?

【オーダーメイドコミュニケーション研修】ランチの時間の工夫

2020/02/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

書道とコミュニケーションで人を笑顔に!がモットー
コミュグラフィーナ代表岡部あゆみです

社長のAさんは

時々部下に、みんなで食事に行ってこいと会費を渡すことがあるそうだ
でも、そのときに一工夫している

「みんなでランチに行ってこいっていうんですよ
うちの会社は皆一緒に昼休みをとれるのでそれを活かして
月に一回そうしています
夜に比べて単価は低いので、一人2000円の予算でも
豪華なランチが食べられるしみんな満足です
それに夜と違って、皆それぞれのスケジュールを気にしなくても
いいですしね」

社長Bさんの会社では

社員3人くらいのグループを作り
それぞれのグループと社長とで
年に2~3回ランチをするそうだ
場所やメニューはグループで決める
予算内でいかに楽しむかを毎回グループで話し合って決める

ランチがコミュニケーションツールになっている

それぞれで会社に合ったやり方があると思う

【7/8・7/30経営者セミナー】”人材を活かすための”コミュニケーション110番

お申込みとお問合せ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 伝え上手・聴き上手になる , 2019 All Rights Reserved.