働きやすい人間関係づくりのお手伝いをいたします

【オーダーメイドコミュニケーション研修】辞めて欲しくない社員が辞める理由~採用基準はありますか?

2020/02/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

会社の理念を作るのは経営者

社風を作るのは社員です

ただ、この作業を補足してくれる人ならいいという
安易な採用では、すぐ辞める悪い循環を作ってしまいます

面接するときは経営者は勿論ですが
そこで働く部署の上司も
一緒にするとなおいいと思います

1日一緒に働く人の意見も聞くと
採用の見方も変わるかもしれません
そして試用期間は必ず設けることが大切です

大体、3か月を目安にしているところが多いです

その時は試用期間の契約書を作成し
こういうことをしたら解雇する可能性がありますということを
明記し、共有することが重要です

それを共有していないともし、試用期間で辞めてもらう場合
知らなかったということでトラブルになりかねません

昇格人事も

一人の独断と偏見で決めないようにすることが大切です

どうして昇格させたのか?
これを説明できないと感情のままに人事を決めていると
思われかねません

そうなると経営者の周りには
機嫌をとるイエスマンばかりが集まってきます

誰が見ても昇格に値するという人事をすれば
一目置かれ、社員のモチベーションも上がります

採用も、昇格も、会社の基準を明確にしておくことが大切です

この記事を書いている人 - WRITER -
産業心理カウンセラー&書道家の 岡部あゆみです  職場や日常での悩みの第一位は、昔も今も人間関係です でも人間関係の悩みには必ず出口があります 皆さんの気持ちがラクになるお手伝いをしています 大丈夫!何とかなる!何とでもなる!をモットーに 研修・講演をさせていただいております コミュニケーションコラムを毎日更新しています!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 産業心理カウンセラー&書道家 , 2019 All Rights Reserved.